ルンタはマーライオン

ルンタがマーライオンに?!そんな毎日を綴っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末に、ゴルフをやったら、腰が痛い。
くぅー、久々に来た~。
今日は一日安静にしていました。

何をしていたかというと、一番痛くない姿勢でねっころがったまま
VCDを堪能していました。

「ラストプレゼント」
天海祐希と佐々木くらのすけと救命病棟24時3の仲村トオルの娘役と漂流教室(映画版)の主役の子とその他諸々
アヤが面白い!と言っていたので、見つけた瞬間すぐ買っちゃった。
感想は・・・買ってよかった~、面白かったよ!
最後のマッキーの歌でやられたー。余命3ヶ月って言われたら嫌だな~と思う内容。子供が出てくるのは反則だ。金八のように1話に1回泣ける。

「anego」
篠原涼子と加藤雅也と赤西仁と戸田菜穂とともさかりえとラストプレゼントの医者役とその他諸々
うん、まあ、あれだ。うらやましいの一言だね。
加藤雅也老けたな~。
「星の瞳のシルエット」ばりに見ててイライラさせられた。
結論から言うと、何度も言うが、うらやましいね。
ていうか、篠原涼子とお見合い相手が行ったホテルの洗面所と、「ラストプレゼント」の天海祐希が住んでたマンションの洗面所が全く同じだった。どうでも良いけど。

最近借りたVCDや買ったVCDがたまっているので一生懸命見ています。
次は「砂の器」だ!!
スポンサーサイト
OASISのライブに行って来ました。
シンガポールインドアスタジアムです。

インドアスタジアムってことは夕飯は必然的に「OASIS」のTHAI VILLAGEになるわけで・・・・。
7時ごろ集合し、食べました。ふかひれとね、あわびとね、かにソバ。
相変わらずの美味しさだった。

夫は会社から直行できたので会社着(Yシャツとスーツのズボン)。
朝、夫が出て行く前に「この着替えと靴を持ってきてね」って用意したやつを頼まれてたのに、すーーーっかり忘れちゃってね。
いや~悪いことしたな~。会うまで忘れてたよ~。
しかも会場はSTANDING席だったので、ま、その格好じゃあれだなってことで、OASISのTシャツ買って、上だけ着替えたわけです。暴れたいし。

OASIS、実はあまりよくわからないのです。
知ってるけど、何曲かで、それも曲名まで知らないっていう感じで。
会社の同年代に「OASIS世代だよ、私達は」って言われたけど、
そうなんでつか?知らなかった。
実はCD何枚か持ってるけど、よく聞いてない・・・。
というわけで、きっと聞けばわかるだろーというノリで行って来ました。ただたんに飛び跳ねたり暴れたりしたかったわけで。

STANDING席だから入ったもの順に良い位置が取れるのですが、すっかり乗り遅れて、最初は後ろのほうに。
あー前のほうワイワイやってる~、と思い、隙を見てなんとか真ん中ら辺に。私も一緒に楽しんで飛び跳ねていたら、中盤あたりで


靴、無くした・・・・


靴がね~、気付いたら片っぽ脱げちゃってたんだよね~。で、そのままどっか行っちゃったの。
しょうがないから片足で騒いでいたら途中で足がツった・・・。
かたっぽ靴で遊んでいたら、死ぬほど踏まれた。
靴って足を守っているのだな~とOASISを聞きながら実感しました。大切ですね、靴は。

終盤で、私たちの周りでぶつかり合い(こういうのなんていうの?ライブでぶつかり合ったり、上に乗っかったりするやつ)が始まって、わー!ちょっと行きてーっと思ったけど、靴が無いからね。
危険だからやめて、本当に間近だったのでぶつかり合いを見てたら、


夫と夫の会社の同僚が普通にいた。


ぬおーーーーー。若者め~~!!!
最後は欧米人と肩組んで握手してた・・・。
なんなんだ、そのコミュニティーは!!

結局アンコール3曲くらい?あったけど、私は終始穏やかに飛び跳ねていました。靴が無いからね!!

そして無事ライブも終わり、一緒に行った友人(女子)の足元を見たら、私同様、靴が無かった・・・・。普通靴をなくすものみたいです。
夫のスーツのズボンのひざ部分は元々そうだったかのようにがっつり穴が開いていました。
どうするつもりなんでしょう。

知ってる曲は3曲くらいありました。
にゃにゃーにゃにゃー♪ってやつ。


*客が引けた後に、私と友人の靴が何故か仲良く並んでぐちゃぐちゃになって転がっていました。
山田孝之に隠し子ってニュース、どんな風に報道されてるのか気になる!
だって山田孝之、好太に似てて好きだから!

相手の女は加藤バーバラって聞いたんだけど、本当?!
バーバラ・・・大人になったな。

友達が遊びに来たよ。
先月に引き続き、同じようなところへ観光に。
毎月マーライオンに行ってる。

大好きな友達なので、久々に会えて本当に嬉しかった。
たくさん喋ったし、たくさん遊んだ。未だにノドが痛い。喋りすぎ~。JBにも行っちゃった。
今年中にまたおいで。
その時はガイドブック読んで、どこに行きたいか決めて来るんだよ~!
まだ周ってない場所たくさんあるよ~。

*写真ください。
今日はシュノーケリングだ。
ダイビングしないと思うと、気も楽。
やっぱりちょっと緊張するんだよね、ダイビングは。

この2日のダイビングで魚に食われまくり、ちょっと魚恐怖症になってきたのでシュノーケリングで魚を見るより、海に浮かんでいたいと思っていました。
魚に噛まれると痛いんだよ、結構。
しかもね、奴らはね、かさぶた(30女のカサブタっていうのも嫌だな)をピンポイントで狙ってくるんです!痛いんです!まだ治ってないんです!!(カサブタは、バドミントンで張り切って転んで出来た擦り傷です)

シュノーケリングポイントに行って、愕然と。
だってね、ダイビングポイントよりずっと透明度が高いんだよ。
もう全然海底まで見えるの!!
ったく新手のイヤガラセか。
ガイドさんがまき餌(ちゃんとした)をして魚を寄せ付けてくれたは良いんですが、本当に奴らは人体を噛む。しかも本当に痛い。

6年位前に友人が海難事故で水死したのですが、見つかった時は魚に食べられてて正視に堪えない姿になっていました。
なんか、水死してドンドン魚に食べられていく感じってこういう感じなのかな、ってフト思った。
ま、魚に食べられている時にはもう感覚なんて無いだろうけど。
かわいそうだったな、I君。

なんてことを思いつつ、魚がいないほうに逃げてのんびり海に浮かんで、心底ボーっとした。
まさに海洋テラピーって感じよ~。
色んな波が頭から一杯出てた。

その後、ガイドさんが洞窟から見る海がとてもきれいだから行ってみませんかっていうんでとりあえずついていってみた。
洞窟の奥の方が開けていて、そこからパノラマビューで海が見れる場所なんだけどさ、そこにさ~、コンドーム(使用済み)が何枚も落ちててさ~、いやね、結構昼間は観光で人が来るところなのですよ。
その枚数を数えるのに夢中で、海はあまり覚えてない。
昼にやってんのか夜にやってんのかどっちでもいいけどさ、ゴミはきちんと持ち帰りましょうね。

夕方まで海で遊んで、焼けて、ホテルでシャワー浴びて、着替えて、そしていつもの通り、町に飲みに行きました。
デジカメのメモリーカードがどっか行っちゃったので、写真が全然UPできません。
ま、そんななくし物は今に始まったことではないので気にしないっと。

3日目はピーピー島よりさらに沖に行きました。
今日も透明度悪し。
船も昨日よりグレードダウン。
なんなんだよ。
2本潜って、サメと海がめとカサゴみたいなのと珊瑚を見て帰ってきました。

とりあえず宿に戻り、着替えてシャワー浴びてまた街へ。

今日のメインは「ムエタイ」なのだ。
クラビの金曜の夜は街中を8時ごろから「ムエタイムエタイ フライデナイ~」という放送と共にムエタイの写真入のバスが走り始めます。
それを手を上げて止めて、乗り込んで、ムエタイ会場へ連れて行ってもらう。
入り口で1000bts払うとリングサイドのソファー席で見れるのですが、私たちは600btsの花道横の席へ。
絶対花道横の方が楽しい。
子供ムエタイ(たぶん小学生くらい)から始まり、9試合中メイン試合が第7試合という非常に中途半端なゲーム設定。
ムエタイダンスが良かった。
良いね、引き締まった筋肉を持つ肉体は。
今日のダイビングよりずっと楽しかったよ。
次回バンコクへ行った時には絶対ムエタイを見る。
ムエタイ選手のタニマチやっても良いかな~と思いながら、試合を楽しみました。
ムエタイを見ながらタバコもすえる。素晴らしい。
ムエタイは賭けなので、賭けに熱くなっているタイ人を見るのもまた一興。
私もタイ語ができたら参加したいな。

ムエタイ終わってマッサージして帰って12時。
明日はシュノーケリングでアイランドホッピングでこれまた早いのに、とりあえず飲んだ。

ダイビングの朝はすごく早い。
ホテルの前にやってきたお迎えはネズミみたいなお兄さんが運転するトゥクトゥクだった。
初めてトゥクトゥクに乗った~!怖いね。危険だね。

アオナンの浜辺で集合し、今日はピーピー島近海へ。
遠浅のアオナンはスピードボートに乗る前に
ロングテールボートという木船に乗って沖まで行く。

スピードボートが豪華でびっくり。
一緒にボートに乗っていた欧米の方々とは全く話が弾まず、
2時間ぼんやりして過ごした。

久々のダイビングだったのでとても楽しみにしていたのだが、海が結構にごっていてがっかり。
すごくキレイだって聞いてたのにな。
ビンタンのように前が見えないくらいじゃないけど。
海がめやサメ(寝ていた)が見れました。
珊瑚がとても色鮮やか!インドネシアとも、グアム・サイパンとも違う鮮やかな色の珊瑚が見れて幸せでした。
珊瑚、珊瑚の周りで泳ぐ魚や亀を見ていると、浦島太郎もあながちうそじゃないかもね、と思い始めます。

夕方までびっちり3本もぐり、ホテルに帰ってさっさとシャワーを浴びて、アオナンの街を再度探検。

ご飯食べてたらやや筋肉痛になってきたので、またもやタイマッサージを。やっぱり気持ちいい~。

マッサージの後は、また飲んだくれました。

南の島はビールが美味しいね。
シンガポールに住んでいて「幸せだ」と思うことは数多くあるが、その中でも「近隣諸国(特にリゾート)に簡単にいける」というのは、旅行が好きな私にとって本当に幸せなことである。

チャイニーズニューイヤーの連休に私達夫婦が選んだ行き先は、
タイのクラビ。
実はモルディブの水上コテージとやらに泊まってみたかったのだが、予約の時点で時既に遅し。行きたいホテルもエアーもいっぱいだった。
人気あるのね、モルディブって。
仕切りなおして第2候補のクラビにしました。

行ってみたいホテルがあり、そこに泊まるツアーで申し込んだのだが、ホテルがいっぱい。他のホテルも軒並みNGで、しょうがないから「ここなら空いています」とツアー会社から言われたホテル(THAI VILLAGE KRABI)にした。
行きたかったホテルはなんだかアジアンリゾートでさ、中も外も素敵そうで、ホテルのプールでのんびりゆったり・・・なんて感じだったんだけど、結果的にどこのホテルでも良かったことがわかった。
なぜならば

私達は、ホテルに、いない。

今までの旅行でもそうだけどさ~・・・のんびりしに行くつもりが、結局街に出てブラブラしたり、海で遊んでたり、意味なく観光したりして時間を使ってしまい、全くのんびりはしていない。
だからホテルはなんだっていい、といえば、いい。

そんなことはどうでも良くて・・・・。

旅の一日目です。

1130のTIGER AIRでシンガポール出発
TIGER AIRは全席自由席、食事飲み物すべて有料、の代わりに
安さが売りのバジェットエアーである。
スチュワーデツさんの制服はイッチョ前である。
この経費こそ削減、とコストカッターの私は言いたい。

krabi_tigerair.jpg


クラビまでは2時間。近すぎますぜ、旦那。
クラビの空港は本当に寂びれていました。
必要なものはチャンギで揃えていくべきでしょう。

ホテルに着く前にクラビタウンでお昼を食べ、早速マッサージを受ける。

ガイドさんが良く行くというタイ料理の店。
パパイヤサラダが辛くて美味しい!!

krabi_toysaibay.jpg


マッサージはNOTEKOという「クラビ」でヤフー検索をかけて出てきたHPによく出ているお店に。
相場よりはやはり高い(1時間半で800bts)けど、ここのお婆マッサージャーはすごい!!
こりをよくほぐしてくれるのにもみ返しなし!!
タイマッサージは痛くて苦手な私でも寝てしまった。ってくらい弱めの力だったので、強いマッサージが好きな人には駄目かもね。
このマッサージによりタイマッサージのとりこになったわれらは連日タイマッサージに通うことになる。

すっかり精気を取り戻した私達はホテルに荷物を置いて、早速ホテルがあるアオナン地区を探検に。
この間ホテル滞在時間、約10分。
ホテルの部屋とプールの写真。こんなもの旅行会社のページにゴマンと載っています。

krabi_thaivillagepool.jpg


krabi_thaivillageheya.jpg


アオナン地区はクラビタウンから30分くらいのところにある海辺の町です。観光地ですね。
海沿いの道にはお土産屋とレストランと両替屋が軒を連ね、裏道にはバックパッカー宿が長屋のように林立するところです。

krabi_aonanarea.jpg


そこで!私達はパンケーキ(プラタ)にまんまとはまりました!!

krabi_pancakeya.jpg


プラタなんだけど、カレーをつけるわけではない。
シンガポールで食べるプラタはもちっとしているが、どちらかというとかりっとしている。私はバナナを中に入れ、チョコレートをかけて食べるプラタにご執心でした。

krabi_pancake.jpg


1つ20BTS。ホテルからアオナン地区までのバイクタクシーも20BTS。アオナンからクラビタウン(30分)のソンテウは30bts。よくわからない物価だ。

明日からダイビングだっていうのに、夜まで街で飲んだくれ、早速駄目人間になったのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。