ルンタはマーライオン

ルンタがマーライオンに?!そんな毎日を綴っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコク行ったのは約1ヶ月前なんだな~と、感慨深く。

最終日です。
おお、2泊3日のなんと短いことか。
毎日ナイトマーケットだのウィークエンドマーケットだの歩き回り、私の足(特にくるぶし)は悲鳴を上げていました。軟骨が磨り減っているよぅ。
でも、まだまだ歩く。

帰りの飛行機は18時30分なので、16時30分には空港に着いていたい。そのためには16時にホテルを出発したい。

あら。結構時間あるじゃないの。

というわけで、朝っぱらから今一度!!ウィークエンドマーケットに出かけました。

朝ごはんのブッフェでドーナツを全部食べちゃおうーと楽しみに行ったのに、今日はドーナッツ、無しよ(欽ちゃん風に)でした。
思わず大きな声で「ドーナツがない!!」と叫んだ。叫ばざるを得なかった。すごく楽しみだったから。本当に楽しみにしていたの。
女30歳、正直動揺が隠せなかったわよ。

しょうがないからフレンチトーストで我慢してやった。

ウィークエンドマーケットの開店は9時からなので、9時に行きました。気合を感じる。
前日とは違う入り口から入り、攻めまくる。
(ウィークエンドマーケットはとても広いのだ!とても一日では回りきれず。)

最後だ。というのでとにかく今までにない攻めのスピードで暴れる。
これはもう大虐殺に近い。

そして前日見つけられなかったTシャツやを発見する!!
前日もこのあたりはうろうろ探していたんだけどな~。
とても嬉しく、またとてもかわいいTシャツやで、今世紀最大の大暴れ。一杯買った。
このTシャツやには日本人がたくさんいた。
かなりの満足度でした。

気付くとお昼近くになっていました。バンコクは時間の流れがシンガポール以上に速い。困ったもんだ。

そうそう、お昼から初日に行った「my spa」で2時間コースアゲインだったのだわ~。うほー。
そしてまた夢のような2時間を堪能する。
すごい。本当にここはつもついい。

呆けた顔でホテルに戻り、ウィークエンドマーケットで買った品々をリパックし、一路空港へ。

飛行機乗る前に足裏マッサージやっちゃったわよ~。
寝た。またもや寝た。痛くなくて丁寧。シンガポールの足裏もこうあってほしいものだね。痛いの嫌いな人はバンコクの足裏に行くこと。

飛行機におとなしく乗っているかと思いきや、そうはいかないのが満腹部隊である。
しりとり&古今東西やってましたー。でっかい声でー。
シンガポールについて、イミグレ出てもまだやってましたー。

帰りはトヌーピーの夫が迎えに来てくれて、家まで送ってくれた~。
ありがとう!!トヌーピー夫。

この日のお昼はキャベジ&コンドームという謎の店名のレストランでタイ料理を食べました。
非常に食べやすいお味のタイ料理で、外国人向けです。
念願のトムヤンクンを食べ、パパイヤサラダも食べ、相変わらずの満腹ぶりでした。・・・でもこの旅行ではあまり食べ物を食べていないね。
痩せてるかな~、シンガポールよりずっと暑かったから汗ものすごくかいたしな~、とわくわくしながら体重計に乗ったが、変わってませんでした。
私の体重はどうやったら減るのでしょうか。

総括すると実に満足のいくバンコク買出し旅行でした。
また行きたいと思う場所。なんとなくソウル(seoulではない)を感じたね。
私には食事も街の雰囲気も合うのでここに駐在っていうのも良いな~。一人行動はちと危ないかもしれないが、色々探検したい国です。

ー余談ー
私達が滞在したスークンビットの駅を降りたところに、バラック小屋地帯がありました。
まあ、どう贔屓目に見ても裕福な人たちが住んでいるとは思えないたたずまいです。
スークンビットは日本を含む海外駐在者が住むマンションも並ぶ地域なのですが、一角にそういうところもあるのです。
スークンビットの駅(高架になっている)から見下ろす形で見ていたら、そのバラック小屋地帯の奥に共同浴場(ただ水が入っている大きな水場)があり、水浴びをしている人もいたり、確かにボロボロの格好をした子供達が遊んでいたりしました。
昔テレビや本で見た「世界がもし百人の村だったら」(テレビ版はこちら)を髣髴とさせる家々、人々の生活の様子でした。
また、街には幼い子供の物乞い(犬とか一緒に座ってて悲しくなる)や、乳飲み子を連れた母親の物乞いもかなり目に留まります。
交差点では止まった車に子供が花を売りにきたり、屋台でご飯を食べていると、カンカラ(お金を入れてほしい)を持った子供たちが来ます。
何カ国かアジアの国々に行きよく目にする光景ですが、何度見ても胸が痛みます。本当に切ない。
日本に生まれて世界的に見たら非常に恵まれた環境に育った自分を、時に「本当に良かった」(正直に言うとね)とも思い、また一方で何も出来ない、何もしようとしていない自分がとても小さく思えます。
私にできることを少しずつやるようにしたい、とまた考えさせられる旅でもありました。

あ、あとね。
タイの英語通じる度は日本並みです。タイ語が喋れて読めたらタイはもっと面白いだろうよ~。
コップンカー。
スポンサーサイト
コメント

タイも金持ちわんさかいるけど、極貧はものすごい数だもんね。 少女買春に行く日本のオヤジたち、どういう人間なんだろう。
子供は子供らしく、育ってほしいね。
2005/10/12(水) 09:19:26 | URL | みさこの #-[ 編集]

頑張って書いたね!
読んでる私も行った気になったよ。
お疲れ様でした。
私が以前行った時はアユタヤからバンコクまで川くだりしながらってのをやったけど、川べりに建ってるバラック小屋には驚いた。汚い川で髪を洗ったり、鍋を洗ったりしてた。
子供たちはそれでも元気に飛び込んだりして遊んでるの。なんともいえない気持ちになるね。
2005/10/12(水) 11:22:05 | URL | はなママ #NJsiWxd2[ 編集]

ぎぃ~っしり詰まった2泊3日だねぇ~。
そしてmy spa2回(笑)。
ホント気持ち良かったのがわかるわ。
タイ、まだ行ったことない。
ダンナは毎月のように行ってるけど。
ルンタちゃんの記事を読んでタイの「風」を感じました。
2005/10/13(木) 01:38:17 | URL | Ray #-[ 編集]

みさこの
本当だよね。
みんなに幸せになってもらいたいです。
一番難しいけどね・・・。

はなママさん

ちょっと長く書きすぎたな。長文読んでくれてありがとう~。
はなママさんもそういう子供達を見たのね。
切なくなってくるよね。でもこれが彼らの現実なんだよね。つらい・・・。
今度、アユタヤにも行くの。クルーズ形式のツアーなんだ。おんなじかな?!

RAYさん
風を感じてくれた~!
充実した2泊3日でした。
うちも同じく、夫は毎月行ってるけど私は始めてのバンコクだったのよ。
辛いものばかりじゃないから、YOU君もたくさん食べれるよー!
2005/10/13(木) 03:46:33 | URL | runta #-[ 編集]

タイに行きたくなったよ!ってかもう1ヶ月前なんだ?
私の友達も「次に駐在で行くとしたらタイがいい!」って言ってた。ますます行ってみたい。
バリにも赤子を抱っこしながらの物乞いの人がいました。
しばらく目が離せなかった。
でも、出張先で何度もそういう光景を目にしてる夫は慣れたような感じで、なんともないふうにしてた。
なんか・・・そういう慣れもどうなんだろうか。
何度も行って目にしてたりするとやっぱりなんとも思わなくなるのだろうか。
と考えてみたりした。
2005/10/13(木) 10:45:15 | URL | mie #-[ 編集]

私も、バラック小屋の共同浴場みたよ。バンコクに行くと、物乞いさせられている人が沢山いるから、目のやり場に困るよね。
子供達は、睡眠薬を飲まされて眠らされているらしい。。。って聞いたことある。あの暑い中、ピクリとも動かずに熟睡しているから、やっぱり・・・と思ってました。
2005/10/13(木) 20:08:29 | URL | みっちぃ #-[ 編集]

miemie
私もバリで見た・・・。
あげるべきか、あげぬべきか・・・。
大問題だよ。考えちゃうよ。
私は何度見ても慣れねぇです。

みっちぃさん
睡眠薬!!そうなの?!
そういえばものすごく眠っていた。
そうなのか。。。。ショック・・・。
2005/10/15(土) 01:21:54 | URL | runta #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://captainrunta.blog5.fc2.com/tb.php/117-65f69f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。